月別アーカイブ: 2017年10月

髭の濃さと紫外線

A波、B波という種類が紫外線にあり、B波の100倍以上がA波で、日光のふくまれているよと分かっています。A波エネルギーというのはよわいと言われれいますが肌の奥深く届く性質があるので、シミやシワの原因になります。B波はサンバーンといわれていますがヒリヒリさせます。敏感肌の場合、通常の肌質よりバリア機能が弱まっていますので紫外線を多く受ける肌質です。紫外線はスキンケアを疎かにしていると肌にどんどんと蓄積されるのでシミ、ソバカスの原因を作ります。普段でも紫外線を浴びていると感じている事が、敏感肌で悩んでいる方にとって重要だと言えるのではないでしょうか。紫外線を意識したスキンケアをしないと肌によくないです。肌が弱い状態ですので、紫外線吸収が凄くなっているので日々UVケアを意識することが重要なポイントです。敏感肌が美白になりたいのであれば、日々のスキンケアに加え、紫外線対策を並行しながらケアするといいでしょう。紫外線ですが浴びているという感覚が全くありませんので、肌荒れが気になる敏感肌の方は海に行く以外ではUVケアを全く行っていないという場合もあります。敏感肌が長年の悩みの方はUVケアは刺激が強くので、肌がくすみシミやそばかすができやすかったり、肌年齢と見た目年齢が普通よりも老けて見られることが多いです。敏感肌専用のスキンケア商品を使ったりして紫外線を受けた肌の肌対策をしてあげることが大事です。紫外線は曇りやアメでも浴びている状態です。紫外線はA波、B波共に熱いものではありませんので太陽が照っている以外の日は特に感じていないという人が多く、意識はそこまでないと思います。しかし、一般生活でも太陽の紫外線は肌にふっているかもしれません。肌が弱い敏感肌の女性は紫外線対策をしたいとおもっても刺激が強いので日焼け止めクリームなどを塗れないと悩んでいるかもしれません。ですが敏感肌自体の肌質が肌のバリアが弱い現状がありますので直射日光を浴びないという位では紫外線対策をしているとはいえません。敏感肌であればあるほどもっと紫外線についての知識が必要だと感じています。紫外線は肌に常に負担があるのでスキンケアにおいても意識しておく事が大事です。ソバカスやシミ、肌老化が気になるのであれば紫外線対策を意識したスキンケアをしましょう。髭 目立たなく